五目釣り



場所:千葉県館山市館山港
年月日:2004年07月22日



セミナー中にフィッシング体験実習があったので、
思わずカメラを持って行ってしまいました。

13:30〜16:00までと大した時間は釣らなかったのですが、
私は8種16尾を釣り、数では先生方や学科のみんなの中でもダントツでしたが、(自慢です^^;;)
あまり面白い魚種が私には釣れてくれなかったのは痛いです。

あと一応、「釣り実習」でしたので写真で魚を撮るのは構わなかったのですが、
写真に夢中になることはできず、気づけば粗悪な写真ばかりになっていたのは
堪忍してください。(^_^;;

ホンベラ

ホンベラは3尾釣りました。

うち2尾キープし、
オハグロベラ、オオスジイシモチ、ウミタナゴ、アナハゼなどと共に
ちゃんと下処理を私がして、指示した通りに女子に味噌汁にして貰って、
学科のみんな+先生に食わせました。

しかしですね。
「闇味噌汁」のようでしたが、どうしてどうして、出汁が出てかなり美味しい味噌汁になりました。

煮付けにするときや、味噌汁とかにするときでも、
やはり熱湯にさっと通してから調理すると全く臭みがなくなり、より美味しくなりますね。
一手間かけると違うなぁと改めて思いました。


ニシキベラ

ニシキベラも3尾釣りました。

周りのみんなが釣っていた魚はホンベラ、ニシキベラ、オハグロベラ、キュウセンといった
ベラ科魚類がメーンだったことを考えると、
まぁ、沢山いるんでしょうね。


アナハゼ

アナハゼもちょくちょく釣れていましたが、私は1尾のみです。

腋部には鱗はなかったので、
まぁ、アナハゼだなぁと思っているのですが、
アナハゼ類は怖いなぁ……。


オハグロベラ

TAの先輩が、私の友達が釣ったオハグロベラに対し「食べれない」
などとぬかしたそうなので、ムカついたので味噌汁にしてやりました。

因みに、私は2尾釣りました。

うーん。
先生でも「ネンブツダイは食べれない」と言っていたので、
食べたことあるのか聞いたら、食べたことないと言いましたし、
ちょっと、ムカッとすることが多かったですね。

啓発を行いつつ、釣り実習と魚調理実習を行っていたのでした。
魚の調理実習も、私よりも特別に上手い先生がいたわけでもないので、
なんだかなーといった感じでした。


カワハギ

よく掛けたなぁ、と言われましたが、
実はいつものワカサギ仕掛けを持参していたのでお手の物です。

2尾釣りました。

カワハギは煮付けにでもする予定だったのですが、
手違いで刺身で食べました。
肝は小さかったのですが、美味しかったです。


ヒガンフグ

クサフグかなと思ったら違いました。

こんな小さい個体は初めて釣りました。

あ、全長5cm位です。


ネンブツダイ

これは2尾釣りました。

アオリイカの好餌として有名ですよね。

アオリイカは丸山先生が掛けたそうですが、
学生に取り込ませたところバレたそうです。(笑)


キタマクラ

これもちょくちょく釣れてましたね。
私は2尾釣りました。

それにしても、館山は魚が多くて良いですね。
素潜りをしても普段、相模湾奥で釣れない魚が多いので興奮します。

これでも、だいぶ魚は減ったらしいというところが悲しいですね。


ホシノハゼ

これは友達が釣ったものですが、初めて見たので写真に撮らせてもらいました。

他にも、
クロイシモチ、オオスジイシモチ、キヌバリ、ゴンズイ、メジナ、ウミタナゴ、
サビハゼ、シロギス、ネズッポ科魚類、キュウセン、マアジ、コケギンポなどが釣れていたようです。

秋だったら、もっと面白い魚種が混じったんでしょうが、
ほぼ全員が何かしら釣った(平均3尾位ですかね)ので、みんな楽しかったようです。

やっぱり楽しいのが一番ですよね。




釣行記へ戻る
トップページに戻る