第46回 ザ・カラオケ

2007年3月4日



遊網人さん、みなさん、楽しいひと時を有難うございました。

4ヶ月ぶりのザ・カラの当日は、ぽかぽかとあったか〜い日曜日。
お弁当を持ってニューステージに着いたのは12時少し前でした。(@_@)

遊網人さん、カメハメハ雅子さん、忘れな草さんにお手伝い頂き、
いざ3階の会場に。

新人のまみさんを迎えて第46回ざ・カラは厳かに (-"-)始まり始まり〜
一番バッターは、きららさん、汗ばむような陽気と会場の熱気には
「雪山讃歌」は最高だね。(^_-) 若々しい歌声に初っ端から元気を
貰いました。


雪山讃歌  芭蕉布 長崎の鐘


としおちゃん、オットト、きららパパさんの滑らかで声量のある声が
会場に響き渡ると、上手いなぁ・・・とつぶやく声が聞こえてくる。
NHKのど自慢に出場したら絶対鐘三つ間違いなしだね。


シャンハイ帰りのリル アカシア挽歌 ふりむけば日本海 旅の酒


お次は、あたしの番で「ひまわり娘」ブリブリぶりっこして今回は
「ひと夏の経験」まで二曲も披露しちまいました。(-_-)気持ち悪ぃ〜の声もなんのその、
64歳の誕生日を迎えて青春真っ只中でございます。あう〜

ひまわり娘 空港 ひと夏の経験


忘れちゃん、イブニング娘復活で「大阪ラプソデー」サンキューでした。

大阪ラプソデー


「こもろなる湖上のほとり」「白雲の城」と初めて耳にする貴重な歌を
歌ってくれたのが不虻さん。この歌を聴いただけでもザ・カラに
参加してよかったあ。


れいくえいむ こもろなる湖上のほとり 大正生まれ 白雲の城


演歌の女王と呼ばせて下さい梅花さん。会場はシーン、聞惚れました。


おんなの岬 雪国絶唱 花の寺 愛愁


「三日月娘」ってどんな歌? 曲がかかれば、おお〜聞き覚えがある。
軽やかな歌声は花眼さん。


早春賦 カスバの女 森の小径 三日月娘


演歌を歌うハワイ大好きのカメハメハ雅子さん、
このギャップが面白い。
えっ そう思っているのは私だけ?遊網人さんとのデュエット。
「二人の大阪」「グランパ」ノリノリで最高でしたよん。


ふたりの大阪 最北航路 グランパ ぐず


いっやぁ〜男性アーティストの難しい曲を難なく歌いこなすとは流石。
誰だと思いますぅ?それは、アータ、我らがひめさまでございますよぉ。
あの超忙しいお身体、一体何時練習してるんですかあ。


酒と泪と男と女 ラブストーリーは突然に 忘れないで 桜坂


何時も私の大好きな歌を披露してくれるのが甘辛城のお殿様。
(-_-)ナニ、別にお前さんの為に歌ってる訳じゃないって! あはは
それにしても4曲目の「悲しみ本線日本海」には吃驚したなーも。


心の旅 夜霧のしのび逢い なごり雪 哀しみ本線日本海


前回は、こころのドクターでエントリー、今回は、どくたーYさん。
メロウ倶楽部のハンドルでご登場!見た目は真面目(^○^)でもって
歌いだすとこれ又、アータ、パフォーマンスがユニーク(^_^)v
どの曲もすんばらしかったけど、「知らず知らずのうちに」は最高で
ございました。次回も参加ね、♪俺は待ってるぜぇ〜〜〜


東京の屋根の下 雪列車 知らず知らずのうちに また逢う日まで


ジーパン姿がカッチョいい小机さん。素敵な歌声と替歌が最高でした。
「爪」の万引きバージョンは後ほど録音データーでお届けいたします。


長崎は今日も雨だった ブルーハワイ  夜霧よ今夜も有難う


赤紙召集令状?で参加の変蝠林 さん。「昭和維新の歌」一緒に
口ずさみましたが、昔の歌は字が難しい、あたし一人じゃ絶対歌えませんね。


昭和維新の歌


さて、大型新人のまみさん登場! 女心を切々と歌ってくれました。
弟子入りして、女心を伝授してもらわなくちゃぁ。
ナニ、アータに女心は分かるめぇ?って。(-_-)そんなぁ


白い海峡 花になれーうめさくら 天城越え 明日香川恋歌


何年ぶりかの参加は忘れな草さん。「三年ぶりの人だから」が何故か
ピッタンコの歌じゃない? (~_~)ホヘ 相変わらず可愛いくて
抱きしめたくなっちゃうね。オイオイ


三年ぶりの人だから ブルーライト・ヨコハマ 湖畔の宿 

むらさき雨情


さて、とりを飾るは幹事の遊網人さん。女性陣の熱いあつぅ〜い
声援を尻目に、朗々と歌ってくれました。中でも今、巷で話題の曲
「千の風になって」は胸にじ〜んと届きました。私は泣きましぇ〜ん。


奥入瀬 千の風になって 新宿の月 金沢望郷歌


梅花さん、差し入れのお饅頭ありがとう〜
カメハメハ雅子さん、忘れな草さん、お誕生日祝いのお菓子ありがとう〜

一人4曲づつ歌って時間をみれば終わりの5時ピッタンコ!
集合写真でハイ、チーズ、皆さんとても楽しかったで〜す。
遊網人さん、お世話になりました、次回を心待ちにしていまぁ〜す。

HOME 戻る