下町カラオケオフ in クラブ石川


2008年4月6日(日)

「クラブ石川」2回目のカラオケオフ、食べて、飲んで、笑って唄った5時間は。
モウモウモウと牛になっちまうくらいすごーく楽しいオフでした。

それはこれからお話する実況放送をゆる〜りゆる〜りとお聞きあそばせね。
ずら〜り並んだお料理はどれもこれもママさんとチイママさんの手作りよ。

どれも美味しかったあ。( ^)o(^ ) 普段のあたし、生野菜のサラダを見ると
ウサギじゃないんだからあ葉っぱばかり食べられないよ!と減らず口を叩くのに。
余りの美味しさに三皿も、最初から最後までづっ〜と食べまくり。

女性を口説くには言葉はいりません、そんな魅惑のテナーサックスをご披露は
カラオケオフ初登場の、のびさわさん。「長渕剛メドレー」 「サマータイム」
「我が心のジョージア」カラオケは「ダンシングオールナイト」 「浪花節だよ人生は」
会場を巻き込んでの熱唱。いっやぁ〜楽しいお・ひ・と・
 
「飾りじゃないのよ涙は」 「チャンピオン」 「妹」、「禁じられた遊び」と、大胆な歌を
披露は、さといもでございますよぉ。イヒッ

「吾亦紅」もーち、知ってますよね、親不孝者の自分を歌った歌なんですが。
哀愁を込め切なく歌ってくれた羊さん。よかったよ〜
つづいて羊&麻沙で「東京しのび逢い」そりゃぁ〜もう、やんややんやの喝采さ。
つづいては「新しいラプソディ」、「涙をふいて」

羊さんが新曲ならば、これまた麻沙さんも今売り出し中のジェロくんの「海雪」
艶歌も横文字の歌も何でもOK、何故か聴いてて安心なんだよねぇ。

右手にマイク、左手はポッケ、そんなスタイルが定番の花眼さん。
クラブ石川での歌い始めは「夜明けの歌」  「森の小径」 「遠くへ行きたい」「悲しき天使」

いよっ!待ってました梅花さん。トリで歌った「お七」、やんややんやの
拍手喝采。きゃ〜鳥肌がとチイママさん。もーち、あたしも鳥肌があ。
「浮世草」 「残り火」 「冬の花」

衰えを知らない声量で「北へ」 「昔の名前で出ています」 「さよならはダンスのあとで」
と4曲をなんなくこなすは、たかのりさん。

可愛いっ! うまい!と声援があ。画面は”わすれないで〜” むふふ、
最後の一節残したまま話し込む、まみさん。 ( ^)o(^ )オーイ
 「女の花は散らさない」 「雪が降る」「天城越え」、「聖橋で」

アータ、はこれしか言えないのかっ!とお叱りをうけそうだけど。
きららさんの清らかなソプラノを聴いて乾いた心を癒してください。
「氷雨」 「千の風になって」 「花」、「風の盆」

裕次郎に谷村新司、細川たかしに五木ひろしと、レパートリーが広ーい。
いっやぁ〜声が若いねっ!きららパパ。
「矢切の渡し」 「昴」 「二人の世界」、「ふりむけば日本海」

素敵なファッションで登場はぴあのさん。歌も洒落てるわあ。
「二人でお酒を」 「サントワマミー」 「夜明けの唄」、「ラストダンスは私に」

なつかしかあ、高田みずえの「硝子の花」甘辛城主さん有難う〜
「恋唄綴り」 「愛のフィナーレ」 「わかってください」

さてさて、ひめさま登場、今回も中島みゆき、竹内まりや、山口百恵、えーと、
難破船は加藤登紀子?それとも中森明菜の方かな?たっぷり楽しませて
貰いました。声量のある声にチイママさん、何で何でそんなに出るのぉぉぉ。
「糸」 「駅」 「さよならの向こう側」、「難破船」

今回”石川”に初登場の不虻さん、大先輩の後ろを落ちこぼれないよう付いて
行きたい何時も思うのであります。張りのある声で「矢切の渡し」、「船頭小唄」
そして、懐かしい仲宗根美樹の「川は流れる」、若き日を想い出して「星影のワルツ」

いっやぁ〜どの曲もよかったけれど、二曲目の「おまえにありがとう」には感動したね。
カメハメハ雅子さん、( ^)o(^ ) 離さないでおくれよ〜 (-_-)アホカ
「波止場ボレロ」 「海岸物語」、「不知火情話」

つづいて妖艶な紫雲さん、なんってたって夜桜お七では”さくらさくら〜”と大合唱。
会場は熱気ムンムン最高潮(@_@)オヨヨ
「越前かもめ」 「夜桜お七」、「猫のファード」、 「関東春雨傘」

万年青年TOMさん、若き日の苦い想い出を思い浮かべるという「想い出の渚」
ふぅ〜ん、そうだったの。全員で滝廉太郎の「花」を大合唱はそりゃぁ〜見事でした。
「慕情」 「いい日旅立ち」

ママさんのご好意で時間を1時間以上も延長、おかげで一人4曲も歌うことが
出来ました。これもそれもみぃ〜んな紫雲ちゃんのお陰?いやっお兄様のお陰?
と言うわけで初めから最後までほんのこつ楽しゅうございました。

幹事さん、みなさん、お世話になり有難うございました。またお会いしましょう〜


HOME  戻る