定例カラオケオフ(第50回)

2008年6月29日(日)
カラオケパブ・「ニューステージ」

画像ご提供:イーグルさん、紫雲さん


遊網人さん 本日はザ・カラオケ50回おめでとうございます。




と、そんなめでた〜い日なのに何故か朝から雨模様(-_-) 可笑しいなあ?
あたしは晴れ女なんだけどぉ。
でもそんなの関係ないっ!でもそんなの関係ないっ!(-_-)アータ、は小島よしおかっ!

寿司弁当と花束を持って会場のビルには12時ちょっと前に到着。
つづいてアッコさんと紫雲さんが荷物のお手伝いをと、時間を合わせて来てくれた。
お二人の細やかな心遣いに感謝していざ三階へ。

さて、メロウタイムで早々と皆さんが揃ったところで北欧旅行からお土産、
甘辛の殿様、ひめさまからの差し入れのワインで( ^_^)/□☆□\(^_^ ) カンハ゜ーイ!
うめぇ〜 ねぇーーお代わりはないの? なぁ〜んて声も( ^)o(^ )オイオイ

つづいての差し入れは。
初参加のイーグルさん、鎌倉といやぁ泣く子も黙ると言う「ハトサブレ」これまたグ〜〜〜
KAMEさんから千葉の銘菓「落花生リーフパイ」これも美味しゆうございました。

差し入れ紹介のあとはTOPバッター甘辛城のお殿様の歌唱からGO−−−−
卒業を間近にし、過ぎ去った学生時代を思い出を切々と歌った「いちご白書をもう一度」

40数年前の自分を思い浮かべながら聞き入りました。
「津軽恋女」  「いちご白書をもう一度」  「心の色」  「雪列車」

五月雨は緑色〜♪名曲をいっぱい残して逝ってしまった村下孝三さんの「初恋」
ひめさまが歌うと、これまた心ににジ〜ン(-_-)シミジミ・・

かと思うとキーの高い八神じゅんこの歌を難なく歌い上げちゃう歌唱力の凄さ(@_@) 
♪〜飛んで飛んで飛んで〜飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで〜♪
いっやぁ〜気のせいか身体が浮いたような? (-_-)ホンマカイナ

きよみさんへの心遣いの花束有難うございました。
そしてメロウ倶楽部会長退任、本当にお疲れ様でした。
「初恋」  「あなたに届くように」  「みずいろの雨」  「夢想花」
 
ひばりの「人生一路」を歌うは、美そっぱひだりこと、( ^)o(^ )へへへ、さといも。
「紀ノ川」  「タッチ」  「飛んでイスタンブール」  「人生一路」

因幡晃からハングル語、多彩な歌の数々をご披露は、遥遥宇都宮から
はせ参じましたる白兎山人さん。皆さんの歌唱に合わせてマラカスで盛り上げ。

ハモリもグッドグッド( ^)o(^ ) 会には居て欲しいお・か・た・
「わかってください」  「手紙」  「黒の舟歌」  「ソングジャ」

第一回から最多参加の不虻さん、不虻さんとくりゃア・カ・ペ・ラ・ですが。
でもぉ何で”みなみこうせつ”の歌「時は流れて風が吹く」はカラオケがないんじゃ。

しんみり聞こうってぇことなんでしょうかねぇーーー
声のハリ衰え知らず、恐るべし。次回が楽しみですぅ。
「時は流れて風が吹く」   「さとうきび畑」   「トンコ節」

いよっ!梅花! 待ってましたとばかり、やんややんやの掛け声が響く。
名優・二代目尾上菊之助の悲恋の物語、残菊物語「お徳」が始まる。

身分違いの恋を全うして芸の道に励み、お徳は悲しい結末を迎えるという筋書き。
目を瞑って聞いてると、歌と台詞の一言一言が目にふわあ〜と浮かぶ。
拍手拍手拍手・・・・・ 「小倉恋ごよみ」  「恋ごころ」   「お徳」  「氷雨」

万年青年登場はTOMさん、先日誕生日を迎えた、口ごもる年ですか?と
図々しくこれまたつっこむさといもに、「教えないよ」だって。あはは

珍しく、はるみ節が炸裂! ど演歌、横文字、青春の歌と何でもござれじゃ。
「アンコ椿は恋の花」  「Love is A Meny-Splend」   「湖畔の宿」  「夢の途中」

元気印のきららさん、高い清らかな声は衰え知らず今日も健在で〜す。イヒッ
♪泣きなさい〜笑いなさ〜い 何時何時までも〜♪

うんうん、人生そうなんだよねぇ、今日もこの歌を聞いて元気モリモリさあ。
「あざみの歌」  「風の盆」  「花」  「山のロザリア」

左手はポッケに、が歌うスタイルの花眼さん、小椋桂に挑戦ときたもんだ。
ビロードの喉が冴え渡る「さらば青春」に痺れました。
「さらば青春」  「峠の我が家」  「珊瑚礁の彼方」  「誰か故郷を想わざる」

この思い永久につづけ、この絆絶えることなく、歌番組、司会者の名文句で始まる
「紀ノ川」は、家族への深い愛情を歌った坂本冬美の一曲を、我らが紫雲さんが
切々と歌い上げる。アチャー 何と言う失態!録音がないっ!(-_-)ゴメン

美空ひばり、うんにや、美空すずめこと紫雲ちゃん、「ある女の詩」もよかよ。
〆は大人気ジェロの「海雪」あたちは難しくてよー歌えまへん。
「愛のままで・・・・」  「紀ノ川」  「ある女の詩」  「海雪」

久々のご登場は、千葉県からKAMEさん、メロウ倶楽部会長就任おめでとうございます。
石狩挽歌は一部替え歌、ニシンをイワシに替えて熱唱。いっやぁ〜楽しかったあ。
「瀬戸の花嫁」  「石狩挽歌」  「エーデルワイス」  「百万本のバラ」

アッコさん、
50回記念なのに何でジーパン姿?つっこむさといもに「若さで・・・」の一言。キ゛ャフン!
ん?若さで・・と言ったのは紫雲ちゃん?誰が言ったにしろ、ハイハイあたちは負けました。
若さ全開で「恋の町札幌」  「北の旅人」  「足手まとい」  「安曇野」

予定の入っていた茂グリさんは、御用が終わり次第15時に駆けつけてくれました。
ハァハァゼイゼイが収まるのを見届けて花束代を否応無く徴収( ^)o(^ )あはは

小田和正も素敵だったけど、松山千春の「恋」痺れましたよん(^_^)v 
そうそう、「ジパング」と言う歌、軽快で面白くて癖になりそうな歌ですねぇ。
「恋」   「ジパング」   「ラブストーリーは突然に」

初参加でご登場は、中延はクリスマスライブ以来おめもじのイーグルさん。
さといもと同い年の未年。ねぇ、姫さん、紫雲さん、雅子さん、「イーグル&シープス」
なぁ〜つーグループ作って、又何かやらかしましょうかねぇ。オイオイ (-_-)アホカ!

臨場感あふれる歌唱で魅了させて貰いました。
「酒よ」   「さざんかの宿」   「ワインレッドの心」   「細雪」

さて、トリを相努めまするは50回ものザ・カラオケの幹事を一人でやってこられた
御大の遊網人さん。「Blue Hawaii」はハワイとエルビスを思い浮かべ。
シットリ歌い上げる三曲に痺れ、それぞれ当時を思い浮かべながら聞き入りました。
「Blue Hawaii」  「青葉城唄」  「雨の中の二人」  「ふれあい」

今回は曲間事に皆さんのコメントを一言づつ聞きながら改めてこの会と幹事
遊網人さんの偉大さを改めて知る一日となりました。
遊網人さん、楽しい会を有難うございました、末永くつづくことを願っております。




皆さん、お世話になりました。又、お会いいたしましょう〜

さといも

HOME 戻る