ページの先頭です
現在位置: ホーム(1)メロウオフ(2) > 第53回「ザ・カラオケ」


第53回「ザ・カラオケオフ」

2009年11月23日(月、祭)
街路樹のイチョウ、黄葉が綺麗なこと。 前日の寒さは何処へやら、
小春日和の昼下がり、カラオケ好きのメロウさん10名と
きよみさんは、いざ!ニューステージに大集合( ^)o(^ )

えー、月曜日は何時ものママさんに変わり「ちえこママ」さん登場!イエーイ!

さて、TOPバッターは年明け早々卒寿になられる不虻さん。
衰えを感じます、なぁ〜ん、ておっしゃるけど、そんなこたあございません。

武田節の詩吟なんかバッチリどっせ!それに、渡哲也と小林幸子の歌、
一味も二味もあって、いかったなあ。次回はどんな曲を歌ってくれるか楽しみ楽しみ。

「船頭小唄」 「青葉の笛」 「武田節」 「大きな古時計」 「くちなしの花」「雪椿」

最近腰があ・・・とTOMさん、
本人が言わなきゃ、見た目って分かりませんねぇ、上から見ても下から見ても。
横も縦も、何処から見ても元気ハツラツですわよ。

(@_@)キ゛ョエー英語版、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」初めて聴きましたぞな。
バライティに飛んだ曲選びで周りを飽きさせません。

「ふるさと」  「よこはま・たそがれ」  「ルイジアナ・ママ」 「港町十三番地」
「春一番」 「夢の途中」 「ラブイズアメニースプレンダードミング」

練習不足でお耳汚しの、さといもは、と来たもんだ。
げっ!(-.-)声が出ない?何で何で何で?突然風邪引いた?
と、まぁ〜自分の下手ぴーを棚に上げて風邪のせいに( ^)m(^ )イッヒヒ

予定していた中島みゆきの曲がなくて、慌てて差し替えた歌が長淵剛の「ひまわり」
季節外れやんか、もう、(-.-)バーカッ!今回も山人さんとデュエットありがとさん。
トァ・エ・モアになった気分で歌いました。

「シクラメンのかほり」 「TOMORROW」 「或る日突然」 「太陽がくれた季節」
「タイガーマスク」「ひまわり」「百万本のバラ」

左ポケットに手を入れて歌うスタイルは、花眼さんの専売特許。
ビロードの喉で軽やかに、聴いてると心が、パーと晴れてくるんですぅ。

「城ケ島の雨」 「小雨降る径」 「椰子の実」 「ゴンドラの唄」 「酒は泪か溜息か」
「三日月娘」 「夢淡き東京」

帰り際、何と、甘辛のお殿様に、荷物持って頂けますか?と。
わあ、世が世であれば、「そこになおれ!」なぁ〜んてお手打ちでございますね。
お世話になりました。

「人生が二度あれば」何て贅沢な話、いやっ、陽水の新曲をご披露。
「少しは私に愛を下さい」って歌うから思わず投げキッスをドバッ〜と投げましたが、
届きましたでしょうか。あはは

「時間よお前は」 「粋な別れ」 「立待岬」 「誰もいない海」 「津軽恋女」
「少しは私に愛を下さい」 「人生が二度あれば」

何時も元気ハツラツきららさん。
衰え知らずの高音の声、うらやましかよ〜あたしは低くなる一方だもん。
差し入れのチョコレート菓子、美味しかったですぅ、ご馳走様でした。

「月の砂漠」 「若者たち」 「トロイカ」 「ここに幸あり」 「あざみの歌」
「ともしび」 「雪山賛歌」

高音で歌った「逢いたくて逢いたくて」んもう、山人さんたらあ、セクシーでしたよん。
”ノムハムニダ”ってなんだべー?と聞いたら「あんまりです」だって。ふ〜ん。
それに韓国語を空で歌っちゃうんだから凄いですよね。
帰り、階段降りるときお世話になりました。ペコン

「朝はどこから」 「逢いたくて逢いたくて」 「哀愁列車」 「ノムハムニダ」
「鳳仙花」 「つばき娘」 「ゲイシャワルツ」

さてさて、小机さん、甘い声よろしく、いきなり替え歌で、どっと笑いが会場に響き渡る。
ポロのシャツをズボンの上に出して、ううううっ!若ーい!

「小樽の運河」 「行き列車」 「幸せの黄色いリボン」 「時計」「昴」
「ラブミーテンダー」 「奥さまお手をどうぞ」

さてさて、久々登場はスウィングさん。
相変わらず甘い声で、魅惑のムード歌謡がいいねぇ、ニューステージ初参加で
道に迷うこと30分?ハイ、ここの会場、駅から直ぐなのに、何故か
迷いますねぇ。次回はオッケーですね。

「私祈ってます」 「コモエスタ赤坂」 「氷雨」「小樽の人よ」 「ブランディグラス」
「ラブユー東京」 「幸せさがして」

さて、ドン尻に控えしは、メロウで人気の“ザ・カラ”を53回も一人で開催
しつづけて来た御大の遊網人さん。わーい、パチパチパチパチ

演歌に洋楽、はたまたフォークまで、何でも歌いこなしちゃうお人。
その喉、たっぷり聴かせて貰いました。

「ムーンライトセレナーデ」 「人生の扉」 「紅い花」 「虹と雪のバラード」
「じゅんがら女節」 「クリスマスソング」「運河」

遊網人さん、たっての希望で歌って下さった、ニューステージの愛ちゃん。
「星の語りべ」いっやぁ〜心に沁みる歌、聴かせて貰いました。

1曲目、2曲目の間に一人づつ近況を報告。
一人七曲 (@_@)キ゛ョエー たっぷり歌ってストレスも解消。
ママさんに別れを告げ、またきっとお会いしましょう〜と、
メロウさんたちは暮れまどう街に消えてゆきました。

遊網人さん、みなさん、楽しいカラオケオフを有難うございました。

さといも

本文はここまでです



現在位置: ホーム(1)メロウオフ(2) >第53回「ザ・カラオケ」