現在位置: ホーム>新年・下町カラオケ

下町カラオケオフ in 新宿“クラブ石川”

雪景色
2010年1月17日(日)、待ちに待った新年下町カラオケオフ。
料理上手で威勢のいいママさんと、ひろみさんの待つ「クラブ石川」へ。

テーブルには、美味しい手料理がずら〜お正月だからと紫雲さん差し入れの
お酒で乾杯、それがアータ、もう、たまらなく美味しいの。( ^)o(^ )ウッヒ

神奈川から新人の「とんこさん」、カラオケはしないで聴くだけぇ、と、「ドルチェさん」
そして、石川には初登場の「スウィングさん」、いっやぁ〜今日も楽しくなりそうよ。

定時が来ましたので・・・と紫雲さん、のびさわさんの演奏は2曲目からでーす。
えっ!最初にサックス演奏じゃない!ガーン!オタオタしながら1番バッターの
さといもの歌唱曲は、「哀愁波止場」、「足手まとい」、「タッチ」

きゃぁ〜今日はお洒落!いえいえ、何時もどす、フランク永井の歌は、
やっぱしこの方、ザックスさん。TOMさんに替わり乾杯の音頭をアリガトサン。
「巴里祭」、「霧子のタンゴ」、「舟歌」

高音なら、まかせなさーい、いやっ、おまかせしますわ、きららさん。
清らかな歌声は、皆の心も和ませます。
「トロイカ」、「芭蕉布」、「若者たち」

さて、遥々来たぜぇ〜宇都宮〜♪
あのね、宇都宮でウマイいのはギョウザだけじゃござんせんのよ。
山人さんの電子トランペット、ウクレレ、ケーナもウマイんだからあ。

電子トランペットの演奏で、どひゃぁ〜メロウ混声合唱団誕生!
全員で歌った「遥かな友」には、感動しました。
山人さん、作詞・作曲、ウクレレで「遠い女(ひと)」、ケーナで「早春賦」
うーむ、多彩ですなあ。

衣装も歌も素敵だった、まみさん。「お梅」よかったよぉ。ブチュッ!
ヤンヤヤンヤの拍手喝采でしたね。
「経ヶ岬」、「お梅」、「砂の城」

よっ!新人賞! 声がかかる!堂々たる歌いっぷり、大物だねぇ。
神奈川の歌姫とんこさん、ようこそいらして下さいました。
あたしゃ、あなたにホウレンソウ( ^)o(^ )ナンチャッテ
「流れ星」、「浮世船」、「周防灘」

毎度素敵な喉を披露して下さる花眼さん、今回は、田端義夫の「かえり船」、
えへへ、好きなんですわバタヤンも、この歌も。
そして、昭和9年の「サーカスの唄」、美空ひばりの「悲しき口笛」いい歌ですねぇ。

つづいて次に控えしは、よっ!深川小町!ぴあのさん。
堂々と歌いっぷり、ん〜よかったあ〜ん( ^)o(^ )
「ラブ・イズ・オーヴァー」、「氷雨」、「人生いろいろ」

千葉の藤山一郎さんこと、キララパパさん、爽やかな歌声が心地いいねぇ。
暗い出来事があったって、パパさんの歌を聴いてたら、吹っ飛んじゃうよぉ。
「銀色の道」、「ダンスパーティの夜」、「アカシア挽歌」

さてさて、お待ちかね、次なる登場は、星だっ!光だっ!太陽だっ!
貴女の居るところ全て皆の顔はニッコニコ( ^)o(^ )
楽しくて素敵な、あ・な・た・オリーブさん。歌も素敵でした。
「愛のままで」、「ろくでなし」、「ラストダンスは私に」

よっ!梅花!やっぱ、貴女の居ないカラオケなんて、つまんあぁ〜い。
久々に歌声聴かせて貰い幸せでした。帰り、足元大丈夫でしたか。
「淡雪なみだ」、「儚な川」、「別離の雨」

さあっ、お待ちかねはサックス演奏をたっぷり聴いて頂きましょう。
ご存じ、加山雄三メドレーは、のびさわさんアレンジで、「若大将・と・いつまでも」
さて、問題!何曲演奏したでしょう〜と、甘辛のお殿様。皆、わかったかなあ。

ラテンの名曲「タブー」、ちょっとだけよ、は、参加者全員、大いに楽しみました。
ナットキングコールの「LOVE」、アンコールは「ラブ・イズ・オーヴァー」
カラオケの「北酒場」では、皆さん、それはそれは楽しそうに踊りまくり。
「みちのく一人旅」では、♪お前が最後の女〜♪ いっやぁ〜参った参った。

さて、大いに盛り上がった後は、シットリと麻沙さんの歌にき惚れました。
いっやぁ〜何ちゅうか、タダで聴いていいのかなあーーー
「人形」、「浮草ぐらし」、最後に歌った「ごめんね」いいっすねっ。

さて、次に控えしは、泣く子も黙る甘辛城のお殿様(-.-)
いえいえ、お優しい甘辛城主さん。ひめさまとハモリのデュエット「波浮の港」は
モウモウ、アータ、は牛かっ! 感動しましたえ。
「空に星があるように」、「波浮の港」、「木戸をあけて」

小田和正で「さよならは言わない」、必殺仕事人 2009の主題歌、「鏡花水月」
そして「忘れないで」、うーむ、これはドリカム?それとも和正?
やっぱ我らがひめさま、あんみつ姫さん、選曲も声量もすっごいわあ。
カラオケに居なくてはならぬ、お・か・た・

ムード歌謡がお得意のスウィングさん、思い出しますねぇ、亀戸の下町カラオケ。
スウィングさんエントリーの「さそり座の女」がかかったら、

当然のように歌いだした、今は亡きごんたさん。十八番だったんですよね。
スウィングさんの歌を聴きながら当時の光景が浮かびました。
「ブランデーグラス」、 「わたし祈ってます」、「さそり座の女」

よっ!「おまえにありがとう」待ってたホイ!
♪その笑顔その瞳離さない 離さなーい〜♪

雅子さん、指の先は甘辛のお殿様、タイミング悪く横を向いていた。ドテッ!
「流れ人」、「別れの朝」、「おまえにありがとう」

さあ、景気良く参りましょう、歌うは紫雲さん、♪ときめきのルンバ〜〜〜♪
光栄なことに、乱れ雪では、迫っていただき、感激シマクラでござんした。
「みだれ髪」、「ときめきのルンバ」、「乱れ雪」

三曲づつ歌った後は、歌声喫茶風に数曲、皆で大合唱。
「遥かな友に」「四季の歌」、「青い山脈」
丁度時間となりました。

ママさんとひろみさんに別れを告げて、またお会いしましょう。
固い約束をかわしてメロウさんたちは夕暮れの街に消えてゆきました。

雅子さん差し入れのチョコレート美味しかったです。
そして何時も駐車場の手配、本当に有難うございました。
それから京のおかきは、とんこさん、これまた美味しゅうございました。

幹事の紫雲さん、雅子さん、楽しいオフを有難うございました。
TOMさん、お大事に〜

さといも

本文はここまでです



このページの先頭へ(0)

現在位置: ホーム(1) メロウカラオケ(2) >新年・下町カラオケ