現在位置: ホーム(1)カラオケ目次(2) >56回 ザ・カラオケ

第56回 ザ・カラオケ
カラオケ・パブ ニューステージ

例年なら街路樹のイチョウは金色に輝いている季節だなやあ。
があ、今年はほんのちょっこし色づき始めたばかりの11月14日の日曜日。

毎度お馴染大阪寿司を持ってイザ!カラオケ・パブ「ニューステージ」へ。
何時もはスイスイ走る道路も何故か渋滞 (-.-)もう〜
やっと着いたら、今度は駐車場が満車 (-.-)もう〜

気を取り直して3階の会場へ。
席に着いたらテーブルには、とんこさんの温かーい手料理のお煮しめが( ^)o(^ )
もう〜最高に美味いんだわ。

そんなこんなで初参加の水仙さん、1年ぶりカラオケ復帰のTOMさん、
関西から前日のワインオフと連チャンのさんらく亭さんをお迎えして。
皆のお顔はニッコニコ( ^)o(^ )

「里の秋」を皆で合唱、ザ・カラの始まりはじまり〜

それでは1番バッターの不虻さん
♪今でも好きだ死ぬほどに〜ああ、そんなこと言われたいねぇ。

普段は大きな声を出すことは無いとおっしゃるが、声の調子はバッチシグー
「星影のワルツ」、「矢切りの渡し」、「川は流れる」

2番バッターの白兎山人さん
今回は歌とハーモニカ演奏で会場を魅了(@_@)ワオ〜
小学校の時ミュージカルの主役で浦島太郎を熱演、私たちが知ってる歌とは
違う浦島太郎をアカペラでご披露。
「浦島太郎」、「ハーモノカ=ヴォゴセックのガット」、「谷前茶」、
「ハーモニカ=メロウの旅立ち、夕空はれて」

毎回声が出ないと言い訳をして唄うは、さといも。鶴田浩二ファンの、
さんらく亭さんの前で、イケシャーシャーと傷だらけの人生を唄ってしまった
ははは、馬鹿な女でございます。
「夜明けのメロディ」、「傷だらけの人生」、「SACHIKO」、「聖母たちのララバイ」

演歌で艶やかに、又或る時は五輪真弓の世界へ、又或る時は越路吹雪で魅了。
チャキチャキの江戸っ子、紫雲さん。
「国東みれん」、「恋人よ」、「千年の古都」、「ラストダンスはわたしに」

なっ 何と、走ってステージに駆け上がっちゃう元気いっぱい、きららさん。
何時も綺麗な高音にウットリでございます。
「雪山賛歌」、「月の砂漠」、「千の風になって」、「花」

阪神タイガースとくりゃあ、この・お・か・た・ さんらく亭さん。
前日のワインオフとカラオケの連チャンにも関わらず元気いっぱいの歌唱。

デュエットでは、よしこママさんと、あんみつ姫さん、両手に花で
ふたりの大井町を熱唱 ( ^)o(^ )ブッハハハ
「お坂しぐれ」、「そして神戸」、「また逢う日まで」

永遠の名曲“ふれあい”を、若々しい魅力ある声で唄ってくれるはYKOMAさん。
「ふれあい」、「どうぞこのまま」、「また君に恋してる」、「よこはまたそがれ」

とんこさ〜んと、呼べば、はぁぁ〜い、と答える、山のこだまのように
明るい声が返ってくる。場内は、ぱーと明るくなるもんね。演歌、ガンガン行こうぜ!
「桜の川」、「こころ川」、「空蝉しぐれ」、「月がとっても青いから」

すっかり、ザ・カラオケご常連のスウィングさん、マディソン群の恋、いがったよぉ。
次会、チャレンジしたいなあ。
「マディソン群の恋」、「一枚の写真」、「Too Yong」、「わたし祈ってます」

甘い声で魅了は甘辛城主さん
♪ああ〜夢はぐれ恋はぐれ〜 痺れるねえ〜
「恋唄綴り」、「グッバイマイラブ」、「ミスターサマータイム」、「雨のハイウェイ」

♪愛したのは確かに君だけ〜と、あんみつ姫さん
指の先は甘辛城主さん、ほんのり赤くなった殿の顔、見逃しちゃあいませんぜ。イヒッ
「さよならは言わない」、「さよなら」、「タイタニック愛のテーマ」、「愛をとめないで」

よっ!梅花! 待ってました〜 声をかけずにはいられません。
毎度だけど貴女の歌に聴き惚れたわ〜チュッ!
「泣き砂海風」、「約束」、「恋心」、「黄砂の時間」

パンパカパ〜ン パンパンパンパンパカパ〜ン!
またまたザカラに大型新人登場は水仙さん。三代目コロンビヤローズと
改名しましょう。智恵子妙いがったなあ。
「智恵子妙」、「紙のピアノ」、「金沢の雨」、「風の暦」

さあ、この方が帰って参りました、復帰を今か今かと皆が待っておりました。
若さいっぱいのTOMさん、のっけから景気のいいツイスト音楽に。思わず身体も反応さ。
「ルイジアナママ」、「慕情」、

さて、ドンジリに控えしは、御大遊網人さん
女性陣、うんにゃ、参加者の視線を一挙に受けての熱演、聴かせますねぇーー
「秋冬」、「運河」、「これからがある」、「愛をありがとう」

二曲目終了後は、即席デュエットタイムでございまぁ〜す。

1.YKOMAさん&あんみつ姫さん「居酒屋」
2.不虻さん&水仙さん「青葉の笛」
3.TOMさん&紫雲さん「銀座の恋の物語」
4.甘辛城主さん&きららさん「別れても好きな人」
5.スウィングさん&とんこさん「ふたりの大阪」
6.遊網人さん&さといも「アマン」
7.白兎山人さん&梅花さん「青春時代」
8.さんらく亭さん&あんみつ姫さん&よしこママさん「ふたりの大阪」

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、ママさんに別れを告げ、夕暮れの街に
メロウさんたちは消えてゆきました。

とんこさん、お煮しめの差し入れ、有難う〜
紫雲さん、山人さん、ママさん、荷物のお手伝い有難う〜

遊網人さん、みなさん、お世話になりました、来年3月に又お会いしましょう〜

さといも


現在位置: ホーム(1)カラオケ目次(2) >56回 ザ・カラオケ